June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

照明のチカラ その2

照明の続きです。
前回は主に特徴のある照明器具についてでしたが、今回は照明器具は見えないけれど居心地の良い空間をつくる光についてです。
設計した住宅の中からいくつか例を挙げながら紹介したいと思います。

私が考える居心地の良い場所をつくる照明の方法は、「全体は薄暗くして必要な部分だけ明るくする」という単純なことです。

» read more

照明のチカラ その1

今回は我が家の照明についてです。
我が家は本当に何でもない、どこにでもある建売住宅を最小限リフォームしたものですが、なかなかに満足のゆく暮らしができています。
その理由の一つに、"照明のチカラ"があります。

職業柄、やはり照明器具にはこだわります。
北欧の名作照明器具は使ってみたいものがたくさんありますし、試したことの無い照明効果についても自宅でいろいろと試したくなります。
そのため、しばらく使ってみて効果を確認し満足すると、また別の照明を試してみたくなります。
照明をとっかえひっかえしてみるのも、ほとんど趣味状態です。

照明は、昼間とはまた異なる"あたたかな空間"を生み出してくれるのです。

» read more

耐震診断と耐震改修

私の仕事は新築住宅の設計とランドスケープデザインが多いのですが、最近、耐震診断と耐震改修にも力を注いでいます。

きっかけは国分寺市で耐震診断士の募集をしていたことだったのですが、始めてみるとなかなかにやり甲斐のある活動でした。

» read more

我が家の椅子の歴史

私はおそらく、椅子マニアです。
自宅には常に必要以上の椅子があるため、妻には「これ以上置けないからもう買ってくれるな」とよく言われますが、まだまだ使ってみたい椅子はたくさんあります。
私にとっては椅子を選ぶことや使ってみることは空間デザインの仕事の一部でもあるのですが、名作椅子の売買や研究だけに関わる仕事をしてみたいとも思うほどです。

椅子と言うものは非常に奥深いモノです。
ただの1脚の椅子に、1棟の建築作品に勝るとも劣らない見所と魅力とが詰まっています。
構造・材料・仕上げ・形、それらの組み合わせによってかもし出されるキャラクターと座り心地、またその存在感まで、古今東西あまりにも多種多様な椅子が作られてきました。
19世紀末からの椅子デザインの近現代史の専門書もあるほどです。
椅子マニアは世界中に存在するのです。

その中でも不朽の名作と呼ばれるものや、デザイン業界の定番製品を中心に、自宅の椅子として使用してきたものを紹介します。

» read more
<<back|<12
pagetop