July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

階段のデザイン

今回は階段のデザインについてです。
階段というものは通常、家の中ではただの通過する部分にすぎないものです。
しかし家をつくる側にとっては、縦方向のシビアな寸法やディテール・強度・つくり方等、考える必要のある要素が非常に多いため、設計も加工も難しく、非常に大きなデザインポイントなのです。

階段のデザインによっては、ただただ登り降りすること自体が楽しくなり、またリビングの眺めを楽しくする要素にもなります。
階段は建築の醍醐味であると言っても過言ではありません。

旅行をしていても、建物の中の階段や、屋外の珍しい階段を撮りたくなる場合が非常に多いです。
建物の内外で景観のポイントとなりやすい場所で、知り合いの中には階段専門のマニアもいるくらいです。
わかりやすいところでは、映画ローマの休日で重要なシーンの舞台ともなった、スペイン階段などが非常に絵になる階段の例です。

階段は、設計者にとってデザインが非常に楽しい部分なのです。
 

» read more

リビングのデザイン3

リビングのデザイン3回目は、旅で出会った理想のリビングの姿です。

私にとっての理想のリビングの姿とは、メキシコを旅して実物を体験して以来、メキシコの建築家ルイス・バラガンのデザインしたリビング・ルームのことになってしまいました。

中でも私の理想のリビングの一つは、ルイス・バラガンの代表的な住宅作品のうち、プリエト邸のリビングルームです。

» read more

リビングのデザイン2

"リビングルームのつくりかた"の続きです。
前回はリビングルームをデザインする際の主要な3つのポイントを取り上げましたが、今回はそれ以外の要素についてです。
椅子・照明・アート・グリーンです。

» read more

リビングのデザイン

今回はリビングルームのデザインについてです。
家を設計する際は、リビングルームのイメージや快適さが、その家の特質そのものとなるため、家の中心として当然最重要視しています。

さまざまな家や空間を設計させていただいているうちに、理想とするリビングルームのイメージのようなものが徐々に形成されてきたので、記してみたいと思います。

 

» read more

キッチンのデザイン

今回から数回に分けて、自分が設計させていただいている住宅のデザインについて書いてみたいと思います。

まず今回は、キッチンのデザインについてです。
今や住宅の中心はキッチンであると言っても過言ではありません。
家族やお客さんが集まる場所は、キッチンとダイニングテーブルである場合がほとんどです。
この空間のデザインが家の居心地の大部分を決定付けるのです。
機能性やメンテナンス性、居住性、材料、機器等あまりにも多くの要素が集中する場所であるため、そのデザインは住宅の中では最も難しい部分ですが、同時に最もデザインするのが楽しい部分でもあります。

家のプランや作り方によって雰囲気やスタイルは毎回全く異なりますが、キッチンのデザインにおいて大事にしている要素を記してみようと思います。


» read more

海のバワホテル2 JETWING LIGHTHOUSE

忙しくしている間にずいぶんと間が空いてしまいましたが、海のバワホテル第2弾は、
スリランカ南端の歴史的な港湾都市ゴール郊外のホテルJETWING LIGHTHOUSEです。
こちらも海のバワホテルの傑作と名高いホテルです。
山のバワホテルKANDALAMAホテルでは、湖やジャングルとの一体感がものすごかったのですが、このJETWING LIGHTHOUSEでは、インド洋との一体感がかつてないほどに強烈でした。

» read more

海のバワホテル1 HERITANCE AHUNGALLA

次のバワホテルシリーズは、海のバワホテル"HERITANCE AHUNGALLA"です。
スリランカの中心都市コロンボと南端のゴールの間にはビーチリゾートが目白押しで、数多くのバワリゾートも残されています。
なかでも名作と名高いヘリタンス・アフンガラを訪れてきました。
このホテルは、プールの美しさと、建物内外のあちこちに持ち込まれた熱帯植物と、特に色とりどりの"柱"が特徴的なホテルです。

 

 
» read more

LUNUGANGA その3

さらにLUNUGANGAのつづきで、次は外部とゲストハウスです。
写真は、Bawaが毎日朝食を食べながらのんびり過ごしたお気に入りの席です。

» read more

LUNUGANGA その2

前回の続きで、今度はLUNUGANGAの夜です。
夕暮れ時からは、さらに独特な空間となります。

» read more

LUNUGANGA - BAWAの理想郷

LUNUGANGA(ルヌガンガ)は、スリランカを代表する建築家Jeoffrey Bawaが大河のほとりの農家を買い取り、40年以上に渡り手を加え続けて築き上げた理想郷です。
既存の民家や納屋に改築を重ねることで、自身の理想の住空間を追求しつづけた実験室のような空間。
Bawaの死後、自らの事務所の管理の元で宿泊施設として運営しているため、1日1〜2組程度が宿泊できるようになっています。
ここには世界中の建築家が訪れているそうで、日本からも安藤忠雄氏や坂茂氏が訪れたとのことです。
噂に違わぬ、すばらしい空間でした・・・。

» read more

スリランカの見所

スリランカ旅行の目的は主に建築ツアーでした。
Bawaが残した多くのリゾートホテルが、専門家のみならず多くの旅行者にとっての観光資源となっていることも驚きでしたが、
それ以外にも非常に多くの見所がスリランカにはたくさんあり、どなたが訪れても満足できることが確信できるほどでした。
何度でも訪れたい場所です。

» read more

山のバワホテル KANDALAMA HOTEL

 夏休みにスリランカ行ってきました。
日本人の海外旅行先としてはまだまだ馴染みが薄いようですが、目的は東アジアリゾート建築の祖、Geoffrey Bawaの建築を体験することでした。
Bawaは1950年代から2000年代初頭まで主にスリランカで活躍した建築家ですが、その自然と一体化した建築の姿が近年ますます注目を集めるようになりました。
 
AMAN RESORTSをはじめとして、その後東アジア地域で行われた西洋資本の開発の多くはBawaの影響を受けていると言われ、理想的なアジアンリゾートイメージの礎を築いた建築家です。
スリランカ国内には無数のBawaリゾートが残され、その多くは現在でも人気を保ち続けていますが、まずはその中でも最高傑作のひとつとされる、"KANDALAMA HOTEL"からです。
» read more

ヨットと建築2

前回に続き、ヨットがあまりにも興味深かったので、今回はさらに内部についてです。

ヨット全体を居住空間として眺めてみると、スーパーコンパクトで高密度な上、外も中も空間を使い尽くしている点があまりにも興味深く、住宅に応用すると面白くなりそうな空間がいくつもあるのです。


 
» read more

ヨットと建築1

初めてヨットに乗りました!
もういつの間にやら冬の気配が漂って季節はずれではありますが、夏の思い出の投稿です。
今年の夏休みは、沖縄の西表島で数日間過ごしました。その際、ヨット上で1日を過ごしながらいくつかのポイントを巡る、シュノーケリングツアーに参加しました。
私は、普段の生活では趣味と仕事が一致しているせいもあってかなりインドア派で、海だのヨットだのとは縁遠い人生を送ってまいりました。
しかしヨットでのシュノーケリングツアーを一度体験してみると、あまりの気持ちよさと、その美しさにしびれ、思わず「いつか欲しい!」と思ってしまいました。
ヨットと海など、遠い世界の出来事だと思っておりました。
ヨットのデザインは、古今東西多くのデザイナーにとってインスピレーションの源となってきました。
建築の世界でも同様です。
あのコルビュジェもノーマン・フォスターも、最近では東京オリンピックの国立競技場コンペに勝利したザハ・ハディドに至るまで、昔から建築家は船やヨットの造形や機能性に憧れ、自身の建築表現に取り入れてきたのです。
 
» read more

我が家の椅子の歴史 その2

今回は我が家の椅子に引き続き、設計した家に導入してもらった椅子などについてです。
 
» read more
<<back|<123456>|next>>
pagetop