June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ペルージアのすごい道

久々にイタリアに戻ります。ウンブリア州の州都ペルージャの、とある"道"についてです。

職業柄、街を歩いていると建物や広場を中心として気になるものが無限にあります。中でもあまり普通は興味を持って眺めるものではないと思いますが、すごいデザインの"道"や"階段"を発見すると、とても興奮します。ランドスケープデザインでは、道や階段のデザインも重要な要素の一つなのです。

以前に専門書で小さな写真を見て以来気になっていた"道"がイタリアのペルージャにありました。特に一般的に有名な場所でもなく、その本の片隅にあったPerugiaという情報のみを頼りに探してきました。

Perugiaの市街地にたどり着き、地図を隅から隅まで眺めてみると、どうやらそれらしき場所が!


ペルージアは丘の上の街で非常に街全体のアップダウンが激しく、様々な坂道や階段が目白押しで道マニアとしてはたまらない場所があちこちにあります。

中でも"Via dell'Acquedotto"は特別な坂で、階段とスロープと橋とトンネルとスラロームと水道橋と交差点が立体的に組み合わされたものすごい場所です。
極めて激しい立体交差。

細い路地を曲がると突然現れる眺め。
こんな道を目にすると、それだけでわくわくしてきます。思わず通り抜けてみたくなりませんか?


トンネルをくぐると水道橋が転用された道が!
両サイドはそのまま下に続く階段です。


なだらかな立体交差。


下から見た水道橋。だんだん小さくなるアーチがかわいい。


水道橋からブリッジでアプローチする家!住んでみたいものです。今にもドラマチックな物語が生まれそうな風景です。


坂下からの見上げ。スラロームの描く曲線が非常に美しい。橋上は車も通り抜けます。


トンネルも優美。


レンガと大理石、階段とスロープを組み合わせたディテールが、坂道を視覚的にリズミカルなものにしています。




このような楽しいデザインの道はつくろうと思ってもなかなかできるものではありません。
機能的には車も通れず自転車でも難しく、とにかく歩くことしかできないたいへんな坂道で住人はしんどいに違いないですが、現代社会の中では珍しくなってしまった、"人間のためだけの道"と言うこともできます。

こんな坂道のある街に住んでみたいのは僕だけでしょうか?



comments

   

trackback

pagetop