May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

井の頭公園が素晴らしすぎる

最近渋谷区から吉祥寺に引っ越しました。

久しぶりに井の頭公園を訪れてみると、あまりの素晴らしさに驚きました。

20年ぶりに落ち着いて体験した井の頭公園は、ここは高原か?ヨーロッパの公園か?と錯覚を覚えるほどでした。

 

 

私は国分寺市出身で、高校が吉祥寺付近だったため、学生時代からこのエリアをよくウロウロしていました。

良く知っていると思っていた井の頭公園ですが、久々にゆっくり訪れてみると、感じ方が全く異なりました。

確かに駅前にあって元々人気のある良い公園でしたが、昔からこんなにきれいだったでしょうか?

ランドスケープの仕事をするようになって、目線が変わってきたからでしょうか?

 

 

井の頭公園は桜の名所として元々有名ですが、今年は緊急事態宣言の影響もあり、

いつになく非常に静かな井の頭公園の桜を初めて経験しました。

 

 

例年はあまりの人手で落ち着いてみることのできない、水辺の桜も堪能できました。

桜が綺麗なのは何十年も前から変わっていませんが、公園全体がこんなに美しかったでしょうか?

 

 

池の南側の林も、新緑の林が非常に爽快です。

井の頭池の南側は、以前はうっそうと植物が生い茂って暗い雰囲気だったのが、光の差し込むさわやかな林に激変しています。

 

どうやら大きくなりすぎた木を切り倒してかなり間引いて、新たに低木や灌木を植え直しているようです。

 

 

いつの間にか公園全体で植木の整備がかなり進んでいたようです。

大きな木が切り倒されて光が差し込むようになり、護岸には新たに湿生植物のエリアが設けられ、

灌木や低木が新たに植えられて、公園全体が見違えました。

 

以前はあふれていた自転車の駐輪も、厳しく取り締まって駐輪場を整備して、公園から完全に排除されました。

池の鯉やカモへのエサやりも禁止されて、水もだいぶきれいになったようです。

 

 

特に水際が飛躍的に美しくなっています。

 

植木の手入れで環境がこれほど変わるものか・・・

かなりの嬉しい驚きです。

 

 

欧米の公園と比べ、日本の公園は植物とメンテナンスが貧相でもったいないな・・・と思い続けてきましたが、

井の頭公園は今やイギリスや北欧の公園にも引けを取らないような環境となっています。

 

どうも近年吉祥寺周辺で西洋人らしき方を多く見かけるのも納得です。

東京で西洋人が母国並みの住環境を求めた場合、この辺りにたどり着くのではないでしょうか?

 

 

長らく古びて汚かった弁財天も塗り直されて、周辺全体が明るく爽やかなイメージに激変しています。

今や写真を撮ったり絵を描いたりしている人のたくさんいる、景観スポットとなっています。

 

 

公園西側の武蔵野の雑木林が残されたエリアも、だいぶ高木が間引かれて、さわやかな木漏れ日の差し込む雑木林に生まれ変わっています。

散策路とベンチがあるだけで相変わらず何もないエリアですが、ちょっとした高原の林を散策するような感覚が得られます。

 

 

上空ではたくさんの鳥たちが澄んだ声で鳴いています。

もうここが東京近郊のターミナル駅にほど近い公園であることを忘れてしまいそうです。

 

引っ越してからこの半年ほど、休みのたびに散策に来ています。

真冬ですら、気持ちよくて毎週来てしまいました。

 

 

さらに運動場のエリアも整備されて、野球場、テニスコート、トラック、子供の遊び場ができました。

子供を遊ばせたり、ジョギングをするために、頻繁に訪れています。

また、以前は知らなかった井の頭公園駅まわりの三角公園エリアも美しくなっています。

 

 

井の頭公園から流れ出す神田川の流域エリアと、玉川上水エリアもだいぶ植物が整理されて、

付近の緑地エリア全体が飛躍的に改善しました。

 

 

また、公園内の動物園も、ゾウ等の大きな動物を少なくして、カピバラや日本リス・ハムスター等、

子供が親しみやすい小動物を中心に充実させたことで、魅力が大幅に増しています。

特にリス園は他の動物園でもなかなか体験したことない、楽しい見どころとなっています。

 

井の頭公園は、池・桜・弁財天・運動・遊び場・小川・林・動物園・バードサンクチュアリ・ピクニック等、

あまりにも多様な魅力を持つ公園へと生まれ変わりました。

 

 

井の頭公園が拡張され、生まれ変わったことで、付近の住環境の価値も飛躍的に向上したように思われます。

 

昔から良く知っている方も、遠くにお住まいの方も、ぜひ改めて井の頭公園を訪れてみてください。

 

comments

   
pagetop