May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

リーフィア祖師谷スタイル

昨年から設計を進めていた分譲住宅が完成しました。

"リーフィア祖師谷スタイル"です。

開発コンセプトは、"Your Style"。「あなたらしい暮らしを実現する家」を目指しました。

 

場所は小田急線祖師谷大蔵駅から12分、川沿いの緑豊かなエリアの立地で、2棟の分譲地です。

それぞれの家族のライフスタイルに合わせて自由に使える家を目指し、間取りの可変性を最大限高めた家です。

個室のドアを閉じると通常の3LDKとして使えますが、ドアを開けると部屋が繋がって大きな部屋になるプランです。

伝統的な日本家屋のような、〇LDKにとらわれない自由な使い勝手を、現代的なスタイルで実現しました。

 

 

 

外観には、ナチュラル・モダンスタイルです。

全体は切妻屋根の家らしいシンプルなかたちに、ざらざらした質感の塗り壁と印象的な正方形のレンガタイルを用いて、植物の緑色が映えるナチュラルな仕上げとしました。

また舗装は、自然石と洗い出し仕上げのコンクリートのストライプとして、建物の質感と調和させました。

土・石・木・緑といった自然素材をふんだんに用いた、周囲の自然環境にも調和する家のたたずまいです。

 

また、どちらも自然採光と自然通風を最大化したプランニングとしました。

南面には大きな窓と庇を用意し、2Fには吹き抜けを設け、高い位置に窓を設けることで、住宅密集地でも部屋の隅々まで明るく、上下左右に風が通り抜け、夏は涼しく冬は暖かい、自然の力を最大限利用した住まいとしました。

 

 

 

まず北棟は2階リビングです。

階段を上がると、21畳以上あり天井も高いリビング・ダイニングが広がります。

大きな空間の中に3つのエリアが用意されています。

 

 

2階リビングのため、住宅密集地にもかかわらず自然光が差し込む明るいリビングルームとなっています。

敷地いっぱいの広さのリビング・ダイニングです。

 

また、リビングの上部には小屋裏収納も用意されていて、小窓でつながっています。

そのため、夏季にはリビングの温まった空気は上昇して小屋裏収納の窓から排気され、1階からは涼しい空気が入って来る、自然換気が行われます。

反対に冬季は小窓にカーテンやロールスクリーン等を下げておけば、温かい空気が上部に逃げないようにもできます。

 

 

リビング・ダイニングのエリアに加え、さらにもう一つスペースがあるため、大きな遊具を置いて子供の遊び場としたり、もう一つテーブルを置いてパソコンや勉強スペースとしても利用できます。

 

真ん中のスペースの壁面には、カスタムウォールが設置してあるため、棚をカスタムすることで、飾り棚・本棚・TV・オーディオ置き場等の使い方が可能になっています。

 

スペースを入れ替えてリビングやダイニングを真ん中に持ってきても良いし、

もちろん広々としたダイニング・リビングとして使うのもおすすめです。

大きな一人がけのリラックスチェアを置いて、本を読んだりできるようにするのも良さそうです。

 

家族によって思い思いの使い方ができるスペースとなっています。

 

 

キッチンからは天井の高いダイニングが望め、キッチンの奥まで明るい空間となっています。

 

 

 

1階は、玄関を入ると廊下沿いに3つの個室が連なります。

 

 

3つの部屋はそれぞれ廊下からアクセスできますが、引き戸でつながっているため、開け放つと大部屋として使うこともできます。

真っ白な引き戸を閉めれば、壁のようになります。

 

 

さらに各部屋は外部にも出られるため、子供を外で遊ばせる場合や来客がある場合等にもアクセスが容易です。

 

 

この3部屋の使い道としては、大きな主寝室、子供室、勉強室、客間、趣味室、SOHO、親世帯室(3世帯同居)等、様々な使い方が考えられます。

家族構成やライフステージの変化に合わせて柔軟に間取りの変更が可能です。

自由すぎて最初は戸惑うかもしれませんが、家具の置き方でそれぞれの家族のライフスタイルをつくり出すことができます。

都心部の一軒家でこれだけ自由な空間があると、新しく家族で何か趣味や習慣を始めたりすることもできそうです。

音楽やスポーツ、アウトドア、ライブラリー、芸術、パーティー等、夢が広がります。

 

 

庭には2台分の駐車スペースになるほどの石張りと洗い出し仕上げのスペースが用意してあるので、鉢植え等で植物を増やしたり、コンテナで家庭菜園等を作ったり、子供のプールやアウトドア用のテーブル・チェアセットを持ち出したりしても楽しいかと思います。

 

 

 

次は南棟です。

 

 

 

1階リビングは、南側と西側に大きく開かれているため、密集市街地にも関わらず非常に明るく、東西南北に風が吹き抜けます。

 

 

南側はルーバーフェンスでプライバシーが保たれたウッドデッキがあるため外まで部屋が続いているように感じられ、西側にも掃き出し窓で大きく開かれているため、外部へのアクセスもしやすく、風が通り抜ける、明るく風通しの良い開放的なリビング・ダイニング空間です。

 

 

室内のドアを開け放つと玄関から廊下・リビング・ダイニング・キッチンまでつながるため、部屋の隅々まで光と風が行き渡り、実際の広さよりも広々と感じられます。

 

 

リビングの北側には、こちらもカスタマイズ可能なウォールが用意されています。

机を用意して子供の勉強やコンピュータ等のスペースとして、またTV・オーディオスペースとしての利用がおすすめです。

 

 

 

洗面・浴室はキッチンの隣にコンパクトにまとめられ、家事動線が非常に短く利便性の高いプランです。

 

 

 

 

2階には、3つの寝室とウォークインクローゼットが1つ、さらにロフトがあります。

こちらもドアを閉じればそれぞれ個室として通常の利用、また開け放つと部屋同士が繋がり自由に使える上、

回れるプランとなっているため子供が遊びまわっても楽しく、実際の広さよりも広々と感じられます。

 

 

家族構成に応じて、様々な使い方が考えられ、夢が広がります。

書斎付きの広い主寝室として使っても良いですし、勉強室付きの子供室にもできます。

また、子供が多い家族の場合には広い部屋を子供室として繋げて使うと非常に楽しめるかと思います。

 

 

2世帯で住むような場合も柔軟な利用が考えられます。

ライフステージに応じて家具の配置を変えて利用方法を工夫してゆくと、飽きずに長く楽しめる住まいになるかと思います。

 

家は数年して住まい方が固まると、だんだん慣れ親しんだ生活空間に飽きてもきます。

家具の配置や部屋を入れ替えて生活空間を変化させることができると、リフレッシュしてまた日々の暮らしを楽しめるかと思います。

 

 

ドアを全て開け放つと廊下と部屋がつながり、広々として見え隠れのある何か楽しい空間が生まれます。

 

 

敷地内での最大限の室内空間を満喫できる、広々とした住まいです。

 

 

4畳ほどのウォークインクローゼットにも窓が設けてあるため、クローゼットとしての利用はもちろん、窓際に机・壁側に本棚を配置して、小さなファミリーライブラリーとしての利用もおすすめです。

来客用の小さなベッドルームにしても、小ぶりな空間でかえって落ち着きそうです。

 

クローゼットとして使う場合は、遮光タイプのロールスクリーンをかけると良いかと思います。

 

 

小さな部屋・大きな部屋・天井の高い部屋・こもれる部屋・オープンな明るい部屋とバリエーションに富んだ部屋の構成で、使い方を考えるのが楽しめそうです。

 

 

ロフトからの見下ろし。

主寝室はロフトの窓から風が抜けるようになっているため、こちらも夏場の熱い空気は1階からロフトまで上昇して家全体が自然換気されます。

 

 

南棟は角地である上に部屋同士がつながるため、非常に明るく風通しの良い住まいとなりました。

 

 

 

どちらの家も子供が小さい間は部屋を繋げて皆で一緒に寝て、大きくなったら個室に分け、独立して夫婦だけになったらまた繋げて大きな部屋として使い、親との同居や介護が必要になったらまた個室にするといった、ライフステージの変化や家族のカタチに合わせて、使い方を自由に変更できるプランです。

 

自宅で仕事をする場合や、子供の受験等で集中して勉強する必要がある場合、また家族が多い場合等にも、このように自由に間取りを変更できるプランは非常に役に立つと考えられます。

DINKS等家族の人数が少ない場合は、仕事や趣味の部屋を広々と確保することもでき、どのような家族のライフスタイルにもFITすることができます。

 

人生100年時代、長いライフサイクルには何が起こるのか予測しきれないため、社会や暮らしの変化に対応できる住まいが必要となっています。

将来の社会や暮らしの変化を見据えた、これからの住まいの姿です。

 

ナチュラルな外観、日照・通風を最大化するプラン、豊かな植栽、自由に使える間取りで、緑豊かな祖師谷の川沿いの環境と街並みに調和した、「あなたらしいライフスタイルを描ける家」を目指しました。

 

ぜひ一度体験してみてください。

 

 

リーフィア祖師谷スタイル公式サイト

https://www.odakyu-leafia.jp/house/soshigaya.s/

 

 

 

pagetop