May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヒルサイドテラス若葉台-7 ディテールについて

最後はプランニングやデザイン上のディテールについてです。

 

これまで住宅地全体のコンセプトや大きなねらいについて書いてきましたが、その他にもまだまだお伝えしたい生活上の細かな工夫がたくさんあるので、可能な限り記しておこうと思います。

 


 

若葉台ヒルサイドテラスでは、すべての家が異なる特徴を持ちます。

様々なプランニングの住戸の中でも意識して多用した点がいくつかあります。

 

・「回れる」プラン

プランニングでは、「回れる」動線を多用しています。

大きく分けて

1)水回りの家事動線が回れるプラン

2)1F全体が回れるプラン

の2種類があります。

 

1)水まわりが「回れる」家事動線最適化プラン

パウダールーム(洗面所)・浴室からキッチンまで最短の「回れる」動線でつながる、家事に最適化した動線を組み込んだ住戸を数多く用意しました。

 

下の間取りでは、洗面所部分を見ると、廊下から入ってキッチンに出られるため、この部分が小さく回れる動線になっています。(下の写真)

洗濯や調理・掃除等の日常の家事動線が最短となるプランです。

 

 

しかも洗面所をパウダールームと脱衣所に分けているため、浴室・脱衣室を利用している時も、洗面所を独立して使うことができます。

家族が多い場合、思春期の子供がいる場合や、来客時にも重宝しそうです。

脱衣室で洗濯したり散らかったりしている場合でも、来客時に洗面所を使ってもらうこともできます。

一方、日常的には全ての引き戸を開けておけば、キッチン・洗面・洗濯・浴室の家事最短動線となります。

 

写真で見ると下のような状態で、手前から浴室・脱衣室・パウダールーム・キッチンと連なっていて、廊下とキッチンからアクセスできます。


 

・ミセスコーナー

さらにこの家事に最適された回れる動線に、ミセスコーナーを組み込んだ家事最適化プランもあります。

下のプランでは、キッチン・パントリー・ミセスコーナー・パウダールーム(洗面所)・浴室が一直線に連なり、しかも回れる動線となっています。

ミセスコーナーはキッチンの隣に位置し、調理関係の資料を置いたり、パソコンやタブレットを出しておくことができる家事コーナーです。

キッチンの奥にあるため、散らかしておいても大丈夫な場所となります。

子供の勉強机等に使うこともできます。

 

 

写真で見ると下のような状態で、手前からミセスコーナー・パウダールーム・浴室と連なります。

 

 

反対に浴室から見ると、浴室・パウダールーム(洗面所)・ミセスコーナー・パントリー・キッチンと連なり、キッチンと廊下からアクセスできる回れるプランになっています。

毎日の家事の利便性が最も高いプランです。

 

 

 

2)家全体が「回れる」プラン

家全体が回れるプランになっていると、どの部屋からどこに行こうとしても最短ルートが使える上、自由に動き回れるため、部屋の使い方の自由度も高まります。

何より行き止まりの閉じた狭い部屋が一つもなくなるいため、部屋と部屋、部屋と廊下がつながり、実際の広さ以上の広さを感じられます。

さらに採光・通風の面からも、廊下や小さな部屋の隅々まで光や風が行き渡るため、暗くじめじめした場所の無い快適な家になります。

 

まず下のプランでは、玄関ホールからリビングにつながる廊下とマルチパーパスルーム(多目的室)につながるドアがあるため、1Fがぐるりと回れるプランになっています。

 

マルチパーパスルーム(多目的室)を客間として使う場合や、SOHO・趣味の部屋として使う場合、また簡易な2世帯住宅として使う場合等には、リビングとの間の間仕切りを閉じてしまえば独立した部屋として使え、マルチパーパスルームからトイレや浴室へとリビングを通らずに直接アクセスできます。

一方、日常生活では引き戸を開け放ってリビング・ダイニング・キッチンと一体で広いリビングとして使うことができ、自由に動き回れる機能的なプランでなのです。

 

 

昔の日本家屋では、障子とふすまを開け放つとどのようにでも動き回れ、どのように部屋を使っても良い自由さがありました。

かつての日本家屋が持っていた良さを現代の生活に取り込むことも、目標の一つでした。

 

 

最も「回れる」プランは下の写真の住戸です。

左の窓がマルチパーパスルーム(多目的室)の入口で、手前がリビング、右側にダイニング・キッチンと続き、奥の扉の奥が洗面・廊下・玄関と続き、玄関から真ん中に見える2つの扉にアクセスできて、1F全体をぐるりと回れるプランとなっています。

 

 

ドアを全部開け放っていると、実際の広さ以上の広がりを感じられます。

 

 

南側から入る太陽光が部屋や廊下の隅々まで行き渡り、緑地を通って入る風も家中を通り抜ける様子が良くわかるかと思います。

 

この住戸では、マルチパーパスルームとリビングの間に仕切りは無いため広大なリビング・ダイニング空間となっていますが、もし区切りたい場合はレースカーテン等で緩やかに区切るのも素敵な雰囲気になりそうです。

 

 

 

これらの家事最短動線と1F全体が回れる動線を合わせた、ダブルで回れる動線の住戸もあります。

どのような場合でも融通無碍に使える、使い勝手が最大となるプランです。

 

 

 

 

・シューズイン・クローゼット(SIC)

最近の一戸建て住宅で最も人気のある装備、シューズイン・クローゼットも標準装備しました。

SICとは、靴入れがウォークインになっていて、靴ばかりでなく、ベビーバギーを収納したり、スキー等の長い物を収納できる納戸にもなるというものです。

一戸建て住宅ではいつの間にか標準装備になってしまいました。

 

通常のSICは下のプランのようなタイプです。

下足入れと、シューズインクローゼットが両側にあり大容量の靴入れと納戸を兼ねています。

 

 

さらに通常のシューズイン・クロークに加え、シューズインクロークをセミオープンにして、サブ玄関のように使える住戸も用意しました。

クロークを通り抜けられるようにして、普段靴を着脱する場所としても利用することで、メインの玄関を来客用に常にきれいにしておけるというものです。

家族が多い場合、いつも使う靴が玄関にたくさん散らかりがちなため、少し奥まったサブ玄関を散らかして良い場所にして、メイン玄関はきれいなまま来客を迎えられます。

メイン玄関から見えるのが気になる場合は、カーテンやロールスクリーン等で仕切って見えなくしても良いと思います。

 

 

 

他の部屋の収納も充実しています。

どの住戸にも可能な限りウォークインクローゼットを設け、リビングには収納、キッチンにはパントリーを可能な限り設けました。

※住戸により異なります。

 

 

洗面所の収納も洗濯物入れを組み込み、充実した収納量を確保しています。

 

 

・その他

その他、インナーバルコニーを持つ住戸、大きなウッドデッキを持つ住戸、緑地に面した広いバルコニーを持つ住戸、広い芝生の庭を持つ住戸、簡易な2世帯も可能な5LDK住戸等、様々な特徴を持つ住戸を設けました。

 

写真はメインベッドルームと子供部屋から出られるインナーバルコニーを持つ住戸。

最近話題のベランピングもできてしまいます。

 

 

こちらは隣の家の庭と視覚的に連続する広い芝生の庭を持つ住戸です。

 

 

インナーバルコニー、ウッドデッキ、コモンスペースと、自然を感じながら外で過ごすことのできる場所を数多く用意してあります。

 

 

また、コモンスペース(小広場)で使えるアウトドア用のレジャー用品を貸し出してくれるサービスも用意されていて、自然と共にある暮らしを楽しめる工夫がたくさんあります。

 

 

 

・外観のディテール

外壁はざらざらとした質感で厚みのある手塗りの左官材料を用い、部分的に不燃処理されたレッドシダー材を用いてアクセントにしています。

ざらざらとした外壁材と、本物の木材、豊かな植栽で非常にナチュラルなイメージの外観としました。

 

 

道路沿いの外壁には、出窓のような縁取りや、コの字型に囲い込む庇を設け立体的なアクセントを設けました

 

 

 

 

ざらざらとした質感のシンプルな壁には植物がよく映えるため、建物同士の隙間のような場所にも季節によって見どころが現れます。

 

 

庇は可能な限り薄いデザインとして塗装で仕上げ、樋にはガルバリウム製の雨樋を採用しました。

普段わざわざ注目して見ることのない何気ない部分ですが、よく見ると通常分譲住宅でよく用いられる塩ビ製の樋と破風板仕上げとは異なる、軽やかなイメージの屋根となっています。

 

 

入口の門柱も家の壁と同じ質感で揃えて、外部から内部まで素材や質感のイメージを統一しています。

 

 

また、屋根の上には太陽光パネルを全戸に標準装備しているのですが、地上から見ると太陽光パネルが非常に薄く見えて目立たず、景観を損ねないように、屋根と一体化して見えるディテールとしました。

 

 

通常注文住宅で用いている仕上げやディテールを用いた上、太陽光パネル+エネファームでダブル発電、床暖房、長期優良住宅も取得と、デザインと性能全部入りの理想の分譲住宅を目指しました。

 

 

注文住宅ではなかなかこれだけの設備や性能を実現することは価格上非常に難しく、逆に分譲住宅では採用することがなかなかできない仕様やデザインを合わせて実現しました。

 

 

インテリアから建物・庭・街並み・周辺環境・都市計画まで、それぞれの専門家がこだわり抜いて実現した住環境を、ぜひ体験してみてください。

pagetop