May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

海のバワホテル3 JETWING LAGOON

海のバワホテル第3弾は、首都コロンボ近くの街ネゴンボにある、JETWING LAGOONです。

 

 

まず現れるこの巨大なあずまやのような施設が、受付ロビーです。完全に屋外です。

 

 

ロビーを通り抜けると、目の前には広大なプールが広がります。50mはあるでしょうか。

 

 

プールの両側にはくつろぐスペースがあります。

 

 

プールの水の色がやけに印象的だと思っていたら、水底に貼られているブルーのタイルが、独特な色調をしていて、水の色を魅力的に見せています。

 

 

プールの周りに個室が連なります。

 

 

スリランカ瓦の載った、何でもない民家風の建物です。

 

 

中もシンプルな天井の高い家型のベッドルーム。

シンプルですが、天井が高くて広く、アンティーク風の家具や床のテラコッタ、しっくい壁の質感が素朴で、非常に居心地の良い部屋です。

 

 

屋外のバスルームに見どころがありました。

室内なのか屋外なのかわからないようなアウトドアバスルームで、昼も夜も非常に気持ちが良いです。

理想のバスルームの一つです。

 

 

そして夜になると魅力的なオーラを発します。

 

 

ベッドサイドには書き物机もあります。

壁には現地の民族的なテキスタイル等のアートが飾られています。

 

 

4m近い天井高があります。

 

 

アウトドアバスルームの夜になると静かな魅力を放ちます。

 

 

シンメトリーなデザインが美しいです。壁の裏側にはシャワーとトイレが隠されています。

 

 

バワリゾートは、昼は民家風の何でもない環境なのですが、夜に特別な魅力を発します。

 

 

レストランの入口。植物のライトアップが、非常に魅惑的な雰囲気を生み出しているようです。

 

 

レストラン内部はテラコッタタイルが印象的ですが、非常にシンプル。

 

 

壁面には必ずアートがあり、居場所と見どころを生み出しています。

 

 

朝は海を眺めながら朝ごはん。

 

 

穏やかな海を臨みます。

 

 

静かな海を望む広大な眺めの手前には、美しい芝生が広がるゆったりとした環境です。

他のバワリゾートの環境ともまるで異なり、一つ一つ場所に合わせた魅力的な施設が作られています。

 

 

独立したヴィラのスイートルーム。部屋が2階に浮かべられて、1階はアウトドアリビングとなっています。

 

 

スパ施設も非常に魅力的です。中庭が池になっていて、その周りに個室が取り囲みます。

 

 

 

このJETWING LAGOONは、首都コロンボ近くのネゴンボという街の穏やかな海に面したリゾートのためか、他のバワリゾートと比べても非常に落ち着いた雰囲気で、景観が穏やかな分、敷地の中心に広大なプールを作ってくつろげる場所にしているようです。

プールの眺めと、海に開けたレストランからの眺めが対照的な景観で、長時間ホテルで過ごしても全く飽きさせません。

1週間くらいのんびりと過ごしたくなるリゾートでした。

 

バワリゾートはスリランカ国内だけでもたくさんあるのですが、どれも一つ一つ異なる環境に合わせて丁寧に異なるデザインが施されていいて、どれもあまりにも素晴らしい体験のため、全てのバワリゾートを訪れたくなってしまいます。

何度でも来たくなる世界でも稀なリゾート地です。

ぜひ体験してみてください。

 

JETWING LAGOON

http://www.jetwinghotels.com/jetwinglagoon/

 

 

 

 

 

comments

   

trackback

pagetop