August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

海のバワホテル2 JETWING LIGHTHOUSE

忙しくしている間にずいぶんと間が空いてしまいましたが、海のバワホテル第2弾は、
スリランカ南端の歴史的な港湾都市ゴール郊外のホテルJETWING LIGHTHOUSEです。
こちらも海のバワホテルの傑作と名高いホテルです。
山のバワホテルKANDALAMAホテルでは、湖やジャングルとの一体感がものすごかったのですが、このJETWING LIGHTHOUSEでは、インド洋との一体感がかつてないほどに強烈でした。

» read more

海のバワホテル1 HERITANCE AHUNGALLA

次のバワホテルシリーズは、海のバワホテル"HERITANCE AHUNGALLA"です。
スリランカの中心都市コロンボと南端のゴールの間にはビーチリゾートが目白押しで、数多くのバワリゾートも残されています。
なかでも名作と名高いヘリタンス・アフンガラを訪れてきました。
このホテルは、プールの美しさと、建物内外のあちこちに持ち込まれた熱帯植物と、特に色とりどりの"柱"が特徴的なホテルです。

 

 
» read more

LUNUGANGA その3

さらにLUNUGANGAのつづきで、次は外部とゲストハウスです。
写真は、Bawaが毎日朝食を食べながらのんびり過ごしたお気に入りの席です。

» read more

LUNUGANGA その2

前回の続きで、今度はLUNUGANGAの夜です。
夕暮れ時からは、さらに独特な空間となります。

» read more

LUNUGANGA - BAWAの理想郷

LUNUGANGA(ルヌガンガ)は、スリランカを代表する建築家Jeoffrey Bawaが大河のほとりの農家を買い取り、40年以上に渡り手を加え続けて築き上げた理想郷です。
既存の民家や納屋に改築を重ねることで、自身の理想の住空間を追求しつづけた実験室のような空間。
Bawaの死後、自らの事務所の管理の元で宿泊施設として運営しているため、1日1〜2組程度が宿泊できるようになっています。
ここには世界中の建築家が訪れているそうで、日本からも安藤忠雄氏や坂茂氏が訪れたとのことです。
噂に違わぬ、すばらしい空間でした・・・。

» read more

スリランカの見所

スリランカ旅行の目的は主に建築ツアーでした。
Bawaが残した多くのリゾートホテルが、専門家のみならず多くの旅行者にとっての観光資源となっていることも驚きでしたが、
それ以外にも非常に多くの見所がスリランカにはたくさんあり、どなたが訪れても満足できることが確信できるほどでした。
何度でも訪れたい場所です。

» read more

山のバワホテル KANDALAMA HOTEL

 夏休みにスリランカ行ってきました。
日本人の海外旅行先としてはまだまだ馴染みが薄いようですが、目的は東アジアリゾート建築の祖、Geoffrey Bawaの建築を体験することでした。
Bawaは1950年代から2000年代初頭まで主にスリランカで活躍した建築家ですが、その自然と一体化した建築の姿が近年ますます注目を集めるようになりました。
 
AMAN RESORTSをはじめとして、その後東アジア地域で行われた西洋資本の開発の多くはBawaの影響を受けていると言われ、理想的なアジアンリゾートイメージの礎を築いた建築家です。
スリランカ国内には無数のBawaリゾートが残され、その多くは現在でも人気を保ち続けていますが、まずはその中でも最高傑作のひとつとされる、"KANDALAMA HOTEL"からです。
» read more
1
pagetop