May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヘネラリーフェ離宮

アルハンブラ宮殿のつづき、ヘネラリーフェ離宮です。
こちらはアルハンブラ宮殿からさらに見上げる丘の上にある王侯の夏用の離宮で、イスラムの天国をイメージしてつくられた庭園だそうです。

アルハンブラ宮殿よりも、さらに自由に水と緑を主体とした空間がつくられているのですが、植物を用いて「庭」というよりも「建築」がつくられている点が非常に印象的でした。

ため息の出るような水と緑の"饗宴"です・・・。

» read more

グラナダのホテル

今回はグラナダで宿泊したホテル”Palacio de Santa Ines”についてです。
特にラグジュアリー感や特別なもてなしがあったわけではないのですが、ここには人が住まいに求める根源的な要素の全てがあったと感じたので、特に取り上げたいと思います。


» read more

アルハンブラ宮殿

 さて、ようやく今回の旅の目的であるアルハンブラ宮殿です。いつか絶対に行かねばならない、と思っていた場所です。

ここはスペイン屈指の世界遺産であり、現存するイスラム建築の最高傑作、とも呼ばれています。しかしそのわりには規模が強烈に大きいわけではなく、装飾の緻密さは見ごたえがあるものの、建築そのものは西洋の建築で見られるような圧倒的な壮大さ・壮麗さなどは感じさせません。宮殿自体は大きいのですが、小さな空間と庭の連なりで作られています。
その魅力は、庭園そのものや"建築と庭園の関係"に現れ、建物内外のあらゆる場所にさまざまな形で現れる、"水"の表現に集約されています。
しかもその豊かさは、イスラムの伝統にしたがって外部には全く表現されず、閉ざされた中庭を中心として内部空間のみに集中的に表現されています。
壮大・壮麗な宮殿というよりも、生活空間に近い、"豊かさ"の極致のようなものを感じました。

また、歴史に残るランドスケープアーキテクトや建築家の多くがここを訪れ、影響を受けたのだ、ということがアルハンブラ宮殿のデザインを見ると明らかにわかり、実に感慨深いものがありました。

あまりにも有名な場所なので、歴史や沿革についてはこちらでどうぞ。
» read more
1
pagetop