July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

蘇州の世界遺産庭園群1ー拙政園 

蘇州は古来水の都であると共に、庭園の都です。

市内にはたくさんの中国古典様式庭園が残されており、中でも「拙政園」・「獅子林」・「留園」・「滄浪亭」という蘇州四大庭園は世界遺産にも選定され、

中でも拙政園は中国四大庭園の首位とも言われています。

ランドスケープデザイン・造園を生業とする私にとっては、天国のようなエリアでした。

まずは最も大規模な拙政園からです。

 

» read more

アムステルダム・ボルネオ島の都市デザイン

アムステルダムは現代都市デザインの先進地です。

中でもボルネオ島・スポーレンブルグ島(BORNEO-SPORENBURG)の都市デザインは、世界でも他では見られない非常に面白い街並みを形成しています。

 

 

» read more

ユハ・レイヴィスカのミュールマキ教会

学生時代からずっと訪れてみたかった建築が、フィンランド・ヘルシンキにあります。

ユハ・レイヴィスカのミュールマキ教会、1980年代の作品で多くの建築誌やデザイン誌でも取り上げられている、時代を超えた名作です。

» read more

アルメレの都市デザイン

オランダは都市デザイン先進国です。

特にアムステルダムやロッテルダムでは、非常に斬新な都市デザインや現代建築が街中に多く、その密度とインパクトに驚かされます。

まぎれもなく都市デザインの最先進国の一つと言えます。

いくつかオランダの都市デザインを取り上げてみたいと思いますが、まずはアムステルダム近郊の街、アルメレの都市デザインが非常に印象的だったので、記しておきたいと思います。

 

» read more

井の頭公園が素晴らしすぎる

最近渋谷区から吉祥寺に引っ越しました。

久しぶりに井の頭公園を訪れてみると、あまりの素晴らしさに驚きました。

20年ぶりに落ち着いて体験した井の頭公園は、ここは高原か?ヨーロッパの公園か?と錯覚を覚えるほどでした。

 

» read more

杭州の西湖十景

上海・杭州・蘇州旅行に行ってきました。

このエリアは古来風光明媚なエリアとして有名で、特に西湖周辺の風景が美しく、西湖十景と呼ばれる景観スポットが観光名所となっています。

想像以上に素晴らしい景観だったため、記しておきたいとお見ます。

自然環境と、伝統的な建造物や橋等の歴史文化景観の調和があまりにも美しかったのです。

 

» read more

リーフィア祖師谷スタイル

昨年から設計を進めていた分譲住宅が完成しました。

"リーフィア祖師谷スタイル"です。

開発コンセプトは、"Your Style"。「あなたらしい暮らしを実現する家」を目指しました。

» read more

ルイジアナ美術館

世界一美しい美術館と呼ばれる美術館があります。

デンマークの首都コペンハーゲン近郊のルイジアナ美術館です。

 

一体何が世界一なのでしょうか?

写真からは全くわかりませんでしたが、訪れてみると噂に違わぬ素晴らしい美術館で,

確かに世界一と言っても過言ではない素晴らしい環境でした。

» read more

ヒルサイドテラス若葉台の秋

設計に関わらせていただいたヒルサイドテラス若葉台が、だいぶ完成に近づいてきました。

敷地内の植物も紅葉して秋の風情が強くなっています。

周囲を取り囲む里山の木々の紅葉と一体化して、素晴らしい秋の景観を形成しています。

 

» read more

働き方の未来(?)

ここ数年、北京の大手企業の物件のランドスケープに関わる中で、働き方の未来(?)を体験しました。

おそらく日本でも数年後には多くの会社がこのような働き方をするようになるのではないか?と思うような劇的な変化だったので、記しておきたいと思います。

北京では、大企業が集まるCBD地区、国貿にある大手不動産会社の仕事に関わらせていただきました。

 


 

» read more

北京798芸術区

今回は北京に2000年ごろに作られた中国最大の現代アートエリア"798芸術区"と、つい最近オープンした"751地区"です。

まずは798芸術区からです。

 

» read more

北京の現代建築

今回は北京の現代建築についてです。

現在の北京では、世界的な建築家の設計による最新の現代建築が次々に建設され、見ていて飽きることがありません。

奇想天外なありとあらゆる自由なデザインが、最新の施工技術で作り上げられています。

世界的に見ても非常に面白い現代建築が立ち並ぶ都市となっているため、最近できた建物をいくつか紹介してみたいと思います。

圧倒的なスケール感と、日本ではほとんど見られない自由なデザインが見どころです。

 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-7 ディテールについて

最後はプランニングやデザイン上のディテールについてです。

 

これまで住宅地全体のコンセプトや大きなねらいについて書いてきましたが、その他にもまだまだお伝えしたい生活上の細かな工夫がたくさんあるので、可能な限り記しておこうと思います。

 


 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-6 都市計画のチカラ

ヒルサイドテラス若葉台が位置する稲城市若葉台は、東京都の多摩ニュータウン計画の東端にあたります。

ここ数年この地域のまちづくりに関わり、稲城市から西側は八王子市まで連なる多摩ニュータウン地域の良好なエリアを見ているうちに、"都市計画の力"というものを強く実感するようになりました。

 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-5 植物について

第五弾は、植物についてです。

ヒルサイドテラス若葉台では、"建築と自然の調和"を特に目指しました。

日本の風土にふさわしい植物と建物のデザインを採用し、緑に包まれた住宅地として理想的な環境をイメージしました。

 

 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-4 間取りについて

今回は家の間取りについてです。

それぞれの家のプランは、

1)光と風を最大限取り入れる

2)家をコモン(小広場)に開いて、窓からは緑がたくさん目に入るようにする

3)多目的に使えるスペースを用意する

という3点を特に重視しました。

 

非常に単純な目標ですが、通常の分譲住宅よりも明るく、風通しの良い気持ちの良い家にしよう、ということです。

なるべく設備に頼らずに、夏は涼しく・冬は暖かい、開放的な住まいとすることを目指しました。

家のプランは、一棟一棟それぞれ異なります。

 

 

 

 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-3 街並みについて

今回は住宅の外観と、それらが集まってできる街並みについてです。

外観の大まかな形は、非常にシンプルな家型をイメージしました。

形はシンプルにして、塗り壁や板張りの自然の素材感を強調し、周囲の雑木林や庭の緑の背景となるような住宅の姿を意図しました。

 

こちらは提案時の鳥瞰図です。(注:完成時とは異なる部分があります)

 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-2 多様性のある住宅地とは?

ヒルサイドテラス若葉台のまちづくりのテーマの一つは、"多様性"でした。

まちづくりのテーマとしては非常に抽象的なのですが、大まかには多様な世代・多様な家族構成・多様なライフスタイルを持つ様々な種類の人々が集まって暮らす街という意味で、現在の都市開発にとっては非常に大きなテーマなのです。

 

» read more

ヒルサイドテラス若葉台-1 コモンとは?

最近、一昨年から設計を進めていた、"まち"が出来上がってきました。

51棟の一戸建て住宅とセンターハウスで構成される"まち"で、稲城市若葉台で今月モデルルームがオープンする、"ヒルサイドテラス若葉台"です。

住宅全体のイメージと、基本設計を担当させていただきました。

他にも、都市開発コンサルタント・建築家・インテリアデザイナー・ガーデンデザイナー等、多くのデザイナーが協働して作り上げられました。

大規模なプロジェクトで様々な側面を持つため、何回かに分けてプロジェクトの過程で考えたことを記していきたいと思います。
 

» read more

北京の生活

昨年一年間、北京と東京を行ったり来たりの生活をしていました。

なかなか面白い経験だったので、北京での生活風景を記しておきたいと思います。

これまで中国での仕事に長年関わってきましたが、本格的に滞在するのは初めてで、中国のイメージが大幅に変わりました。

10年前の中国とも、まるで異なります。

もはや文化的に遅れているイメージは無く、文明の最先端と数十年前の生活が混在する、非常に刺激的な都市となっていたのです。

私はわずかこの2年ほどを眺めているに過ぎないのですが、変化を続ける街のスピードの速さに驚くばかりです・・・。

まずはここ数年で激変を遂げた、中国のスマホライフについてです。

 

» read more
12345>|next>>
pagetop